×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

白髪とは

白髪とは、白髪のメカニズムについて説明します。日本人の髪の色は真っ黒な黒髪の方もいればカラーを入れているみたいに栗色のような明るい方もいます。どうしてこのように色が違うのでしょうか。毛乳頭の周りにある毛母細胞の間にはメラノサイトという色素細胞があり、ここで髪の色を作るメラニン色素が作られます。(メラニン色素は人種で差があります。このメラニン色素によって肌や髪、瞳の色が決まります。)毛母細胞が作り出す毛髪はもともとは白髪です。作られたメラニン色素が毛髪内に取り込まれて髪の毛の色が出ているのです。こうした白髪のメカニズムは解明されているのですが、白髪になるという根本的な原因はなんらかの理由で色素細胞が働いてない状態だと考えられるだけで完全には解明されていないのが現状です。では、色素細胞が働いていない状態とはどういったものなのでしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

白髪の原因

すべてが解明されているわけではありませんが以下のようなことが白髪になる原因として挙げられています。
1.遺伝的なもの:若い人でも白髪(若白髪ってよく言いますよね)の方っていますよね。すべてが解明されているわけではないのですが、
.遺伝的要素に強く影響されるといわれています。
2.加齢によるもの:老化によって色素細胞の機能が弱ってくるためといわれています。平均して30代半ばから少しずつ増えてくるようです。
3.生活環境によるもの:ダイエットや栄養バランスが悪い食生活、喫煙、飲酒、夜更かしなど生活習慣によって細胞の働きが弱くなります。
4.病気によるもの:円形脱毛症、貧血症、慢性胃腸疾患などの病気があると白髪が増えることがあるそうです。
5.ストレスによるもの:ストレスは髪に大きな影響を与えます。一過性のものが多いのですが長く続くと元に戻らなくなってしまいます。

白髪の予防と対策

白髪を予防・防止するには食生活の見直しが必要です。色素細胞が活発に働くためには、タンパク質、亜鉛、ミネラルやビタミンをバランスよく取るようにしましょう。食物でいうと、牡蠣、レバー、ゴマや海草などがあげられます。最近ではサプリメントもたくさん出ているので、足りない栄養素を補うのもいいかもしれません。また生活習慣では、規則正しい生活を送りストレスをためないようにすることが必要です。ストレスは適度に発散させないと白髪予防だけでなく体まで壊しかねませんからね。加齢(老化)には勝てません。カラーリングやヘナ白髪染め、白髪染めシャンプーなどの白髪染めなどを使用して目立たなくして白髪と上手に付き合いましょう。ヘナとはインドなどに生息している植物で、その実をすりつぶして染料として作られたのがヘナ白髪染めです。頭皮に与えるダメージが少ないので髪や体に優しい白髪染めです。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 白髪って予防できるもの

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。